ブルームメイデン

狩人のユニオン《ブルームメイデン》は
500年ほど前に狩猟の女神が作り上げたとされているユニオンだ。
森のすぐそばに拠点となる村を構え、
食料を調達する際には複数人で狩猟隊を組み森へと狩猟に赴く。
ユニオンの創始者が狩猟の女神だったこともあり、狩猟へ赴くのは女性たちだ。
男性たちは建築や狩猟道具の研究のほかにも、

ユニオンの特産品をもって他のユニオンへ行商を行っている。


《ブルームメイデン》の特産品と聞けば、森で獲った獲物の珍味と思うだろうがそれだけではない。
一番の特産品は、ユニオン独自に研究した「品種改良植物」である。
インテリア用の植物や食用の植物と品種改良植物は種類が豊富であり、
それでいてとてもユニークな形をしている。おまけにどれも品質が高い。
インテリア用の植物は卸業者が行商人から買い取り、一般的な価格で
各ユニオンの小売店で販売されているが、
日持ちしない食用の植物は行商人との直接売買でしか手に入れることができず
価格もどれも高い。「この前ブルームメイデンの食用植物を食べた。」は
金持ちたちの間でよく聞く自慢話だ。


品種改良植物は特産品のほかにも獲物を狩ることに
特化した「狩猟植物」「食獣植物」は女性たちの狩猟を大きく助けてくれている。
《ブルームメイデン》は全体の人口が1万人程度と決して少なくはないが
100人程度の村を各地で構え、それぞれの人間が自身の村で暮らしている。

BACK.png

© 2020 by TEAM CONNECTION

  • Twitter
  • ブログ
  • Booth